いくらまで借りる事が出来るのか?

お金が無くてピンチ!どうしてもお金が必要!このような時はカードローンやキャッシングを利用してお金を借りるのが便利です。

 

カードローンやキャッシングは他のローンと違って使い道自由となっているので、さまざまな用途として借り入れする事が可能になります。

 

なので、どうしてもお金が必要といった時にカードローンやキャッシングに利用がおすすめとなっています。

 

ただ、カードローンやキャッシングは誰でも利用できるわけではありません。審査に通らなければ借り入れする事も出来ませんし、審査に通ったからといっていくらでも借りれるわけではありません。

 

お金が借りれるようになったとしても、希望の額借りれなければ意味がない場合もあるでしょう。

 

そこで、カードローンやキャッシングではいくらまで借り入れする事が出来るのか?借入額について調べてみました。

 

カードローン

まずカードローンを利用して借り入れした際の借入額について説明していきますね。

 

カードローンは銀行や消費者金融などの金融機関から発行されているローンカードを使ってお金を借りるサービスになっています。

 

審査通過後にローンカードが発行され、銀行ATMやコンビニATMなどでお金を借りる事が可能になります。

 

いくらまで借り入れする事が出来るのか?といった事になるんですが、こちら抑えておくポイントが2つあります。

 

カードローン自体の最大借入額

まず一つは、各カードローンによって最大の借入限度額が変わってきます。この最大の借入限度額というのは、マックスでいくらまで借りる事が出来るといった額になります。

 

例えば、三大メガバンクの「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」にもカードローン商品があるんですが、それぞれ銀行カードローンによって最大借入限度額が違います。

 

みずほ銀行カードローンは最大借入額が800万円、三菱UFJ銀行カードローンは最大借入額が500万円、三井住友銀行カードローンは最大借入額が800万円、となっています。

 

消費者金融の場合も、各金融業者によって最大借入額が変わってきます。下記の表では、よく聞く金融機関のカードローンの最大借入額を記載しておきます。

 

金融機関 借入限度額
みずほ銀行 800万円
三菱UFJ銀行 500万円
三井住友銀行 800万円
楽天銀行 800万円
じぶん銀行 800万円
プロミス 500万円
アコム 800万円
レイクALSA 500万円
アイフル 800万円
SMBCモビット 800万円

 

収入によって借入額が変わってくる

もう一つのポイントとしては、収入によっていくらまで借りる事が出来るのかが決まってきます。

 

上記では、各カードローンの最大借入額について説明しているんですが、はっきり言うとカードローンの最大借入額はそこまで気にしなくてもいいのかなって気がします。

 

それよりかは、こちらの収入によって借入額が変わってくる事の方が重要になってきます。

 

というのも、カードローンでお金を借りる場合は基本的には年収の3分の1までの額までしか借りれないようになっています。

 

なぜかと言うと、総量規制といった「個人が返済に苦しむほど借入しないように、個人の借入が年収の3分の1までに制限される仕組み」が適用されるからなんです。

 

ただ、銀行の場合はこちらの総量規制が対象外となっているので、年収の3分の1までといった決まりがありません。しかしながら、銀行の場合も基本的には年収の3分の1まで制限されると思っておく方が間違いありません。

 

なので、年収の3分の1以上の額をカードローンで借りるのは難しいと考えておきましょう。

 

例えば年収が600万円の方であれば、600万円の3分の1となるので、最大でも200万円までしか借り入れする事が出来ません。

 

年収が多ければそれだけ借入額が多く可能性が高くなりますし、逆に少なければ借入額も少なるなるといった事になります。

 

また、一つ注意しないといけないのは、あくまで最大借入額が年収の3分の1までとなる事です。年収が600万円あるからといって必ず200万円借りれるわけではありません。

 

審査を受けて初めて借入額がいくらになるか決まるので、最大でも年収の3分の1までの額しか借りられない、といった感じで覚えておきましょう。

 

それと、すでにカードローンなどでお金を借りている場合は、そちらの借入額も含まれて審査を受けるようになります。

 

年収600万円の場合で、すでにアコムから100万円を借りているとします。新たにプロミスに申込してお金を借りようとした場合、年収600万円だから3分の1の200万円まで借りれる可能性があるといった訳にはいきません。

 

すでにアコムで100万円借りているので、そちらの100万円も含まれるようになるので、残りの借入額は最大でも100万円までといった事になります。

 

このように、他に借入している場合は借入額が少なくなる場合もあります。(※ただし、住宅ローンやマイカーローンなどの利用は含まれません。)

 

 

クレジットカード

次に、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法があります。クレジットカードのキャッシングを利用した場合、いくらまで借り入れする事が出来るのか?

 

それは、お持ちのクレジットカードによって変わってきます。

 

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つがあります。基本的にクレジットカードを発行した時点でショッピング枠は付くようになるんですが、キャッシング枠に関しては希望しなければ付いていない場合もあります。

 

この場合は、クレジットカード会社に連絡してキャッシング枠を付けてもらうようにしましょう。

 

すでにキャッシング枠がある方は、キャッシング枠の利用限度額がいくらになっているか確認しましょう。

 

確認方法は、WEB上の明細ページにログインして確認するか、自宅に送られてくる明細書で確認してください。それでも分からない場合は、クレジットカード会社に問い合わせて聞くといいでしょう。

 

利用限度額に、「ショッピング枠○○万円・キャッシング枠○○万円」と記載されていたら、キャッシング枠の利用限度額まではお金を借りる事が可能となっています。

 

この時に一つ注意する点があります。それは、ショッピング枠との併用です。

 

基本的にクレジットカードの利用限度額は、ショッピング枠+キャッシング枠のトータルでの限度額となっています。

 

その為、ショッピング枠をすでに使っている場合は、キャッシングできる額が減ってしまいます。

 

例えばお持ちのクレジットカードが、ショッピング枠30万円・キャッシング枠10万円で設定されていたとします。

 

この場合、ショッピング枠30万円なのでショッピングで最大30万円分のお買い物が可能となります。30万円のお買い物をした場合、キャッシング枠10万円がまだ残っているのでキャッシングで10万円を借りる事が出来ると思いますよね?

 

でも、実際は借りる事が出来ないんです。なぜかと言えば、クレジットカードの場合はショッピング枠の利用限度額がカード自体の利用限度額となっているからなんです。

 

すなわちショッピング枠が30万円なんであれば、このクレジットカードではショッピング・キャッシングを合わせて30万円分しか利用する事が出来ません。

 

なので、ショッピング枠の限度額30万円を利用してしまった場合は、キャッシング枠が10万円あったとしても利用額が30万円を超えてしまうので利用する事が出来ないといった事になります。

 

キャッシングで利用限度額の10万円を借リるといった場合は、ショッピング枠の利用を20万円までの抑えていないと借りれる事が出来ません。

 

また、キャッシングで5万円借りていたとした場合は、ショッピングでは25万円までしか利用できないという事になります。

 

このように、クレジットカードのキャッシングでお金を借りる場合は、クレジットカードの利用限度額がいくらか?キャッシング枠がいくらか?といった事を事前に調べておきましょう。

TOPへ