消費者金融のアローでお金を借りても大丈夫?

お金に困った時は消費者金融のカードローンを利用するのがお勧めです。申し込みも簡単で審査対応も早く、急ぎの時でもすぐに借入することが出来ますからね。

 

でも初めて利用する方は不安でいっぱいだと思います。やはりお金のことですからね。しっかりと内容を把握してからじゃないと怖くて利用できないですよね。

 

私も初めてお金を借りたときは、不安だったので色々と細かく調べた覚えがあります。

 

消費者金融会社もたくさんあり、どこを利用すればいいのか分かりづらいですからね。よく耳にする会社から、あまり聞いたこともないような会社までありますから。

 

こちらでは、名古屋市に本社を構える消費者金融業者の『アロー』について紹介しています。

 

消費者金融のイメージといえば怖い、ってイメージを持ったいる方も多いかと思います。中には悪徳な金利を請求する違法業者もありますからね。

 

では、消費者金融のアローはどうなのか?

 

アローで借入を検討中の方は、まずこちらを確認してくださいね。

 

正規の貸金業者なので安心

愛知県名古屋市に本社を構える「アロー」

 

大手の金融機関と比べると知名度的にも低くなるんですが、中小規模の消費者金融の中では利用されている方が多くいる消費者金融業者になります。

 

どうしても、あまり聞いたことない金融機関だと怪しく感じでしまうかもしれないですが、アローに関しては正規の貸金業者なので安心して利用する事が出来ますよ。

 

貸金業協会の公式ホームページ上にも、アローで検索してみたら登録されているのが分かりますよ。

 

借入に関してなんですが、アローは名古屋市内に会社があるんですが、全国からの利用が可能となっています。

 

アロー公式ページ上から、24時間いつでも申込する事が可能となっています。

 

アローの特徴

即日中の融資が可能

今すぐ現金が必要だけど、次の給料日までまだ1週間もある・・・。お祝い事があり、お金がいる・・・。車の車検代が・・・・。

 

なんて、お金に困った時はアローのキャッシングを利用するのがお勧めです。

 

アローは最短45分で審査が完了し、審査結果によっては申し込み即日中に借入する事も可能となっています。なので急ぎで必要な時には助かります。

 

借入方法は、銀行口座に振り込みしてもらうようになります。なので、土日祝日や銀行営業時間外の場合は翌営業日以降の振込となるので注意してください。

 

使い道自由のフリーローン

借りたお金は使い道自由のフリーローンとなっています。なので、生活費や交際費・ショッピング費用・旅費など様々な用途で利用する事が可能となっています。

 

借入時の金利は年15.00%〜19.94%となっており、最大200万円まで借入する事が出来ますよ。

 

他の金融会社で借入している場合には、一つにまとめる、おまとめローンとして活用するのもいいかもしれませんね。

 

他社ローンの審査に落ちた方

アローの審査は独自審査となっており、他社ローンの審査に通らなかったといった場合でもアローであれば審査に通るなんて事もあり得ます。

 

大手の金融機関の場合は、過去に自己破産や債務整理された方の場合はまず審査に通る事はありません。

 

しかし、アローの場合はそういった場合でも審査のうえ借入できる場合もあります。さすがに自己破産や債務整理してすぐの場合は難しいと思いますが。

 

返済シュミレーション

アローの公式サイト上では、返済に関するシュミレーションをいつでも行う事が出来ます。毎月の返済額などの計算が簡単に出来るので、返済についての計画が立てやすくなっています。

 

例えば、20万円借りて20回で返した場合の月々の返済額は、22,000円/月。って感じで簡単に計算することが出来ます。借入前に試してみてください。

 

 

大手で借りられなかった時にアローに申し込む

以上の事から、消費者金融のアローは正規の貸金業者なので安心して利用する事が出来るという事が分かりましたね。

 

なので、急ぎでお金が必要な時などはアローで借入するのも一つの方法になります。

 

ただ、やはりまずは大手の金融機関に申込するのが良いかなって気がします。というのも、大手の金融機関であればローンカードが発行され、コンビニATMなどで24時間いつでも借入する事が出来ます。

 

アローの場合は、振込みによる借入のみとなっているので時間帯等によってはすぐに借りる事が出来ない事もあります。

 

使い勝手的には、やはり大手の金融機関の方が優れているかといえますね。

 

という事で、まずは大手の金融機関に申込してみて、審査に通らず利用する事が出来なかった場合に、アローに申込するといった流れが良いかなって感じです。

 

TOPへ